スポンサーリンク



ユニークな”昆虫体験施設”ぐんま昆虫の森


群馬昆虫の森はその名の通り、昆虫をテーマにした体験型のプレイスポットです。里山が再現された広大なスペースがあり、そこで様々な昆虫を採集することができます。

そして昆虫採集だけでなく、大きなドーム型の建物もあり、そこでは季節に応じた昆虫のパネル学習ができたります。その中にある昆虫観察館では、世界中の珍しい昆虫が実際に飼育されている様子を間近に見ることができます。様々な昆虫の標本もたくさん飾ってあります。

そして見るだけではなく、実際に触れることのできる昆虫もいます。私が行ったときは、カブトムシの大きな幼虫に触れることができ、子供たちは、とても喜んでいました。クラフトコーナーもあり、昆虫のクラフト制作ができるようになっています。ボランティアの指導の方がついてくださるので、小さな子供でも作ることができました。

ドームの中には、温室もあって、色々な種類の蝶々が飼育されています。色とりどりの蝶々が目の前を飛んでゆく姿はとても優雅で、なかなかできない経験だと思います。

ぐんま昆虫の森はどんなところなのかを具体的にご紹介していきます♪

ぐんまの森で昆虫採集

わんぱくな子供にとって、昆虫採集はワクワク・ドキドキの体験です。ぐんまの森では「どんなところにどんな昆虫がいるのか、自分の足で歩き、自分の目で見つけ、自分の耳で聞き、自分の手で触れてみる。」という体験が出来ます。

園内の里山の見どころをスタッフさんが案内してくれる体験プログラムもあるので、昆虫探しなんてしたことがないという親御さんでも安心です。夏には特に子供たちに人気の「カブトムシ」がたくさん見ることが出来ますよ。

昆虫採集は、季節によって発見できる虫が違います。バッタが飛び交う大きな広場がり、季節によってはぴょんぴょん飛び跳ねるバッタを捕まえることができたり、里山が再現されているところでは、いろいろな種類の蛙や、蛙の卵なども発見することができます。子供と共に四季を感じてみましょう!


子供はこんな虫でも触ってみたいのです。笑

昆虫観察館で世界中の昆虫を見よう

昆虫観察館という場所では、世界中の昆虫が飼育されています。きっと見たことがない昆虫に、子供たちも大興奮するでしょう。


昆虫ふれあい温室はドームになっており、チョウが舞う温室としては国内最大級の大きさです。滝が流れていて、亜熱帯の温室になっているので、またまた見たことのないようなキレイな蝶も見れたりします。

Keiichi.Yさん(@k_1yoko)がシェアした投稿

wandervogelさん(@wander_v)がシェアした投稿


またそのドームは、安藤忠雄が設計されたもので、建物を見るのが好きな方にも一見の価値ありです。安藤忠雄は、「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」などの設計を手掛けた、世界的にも有名な人なんです。

いろんな種類の体験プログラムを楽しもう

ぐんま昆虫の森では、土日祝日に様々な体験プログラムが用意されています。軽く体験できるものから、がっつり体験出来るものまであるので、時間に合わせて体験してみましょう。

いくつかをピックアップしてご紹介します。

昆虫クラフト体験

昆虫の形をした手芸品を作る体験プログラムです。里山のフィールドで材料を集めて作る1時間程度の昆虫クラフトと、10分くらいの短時間で簡単にできるミニクラフトの2種類があります。

作った作品は持ち帰りが出来るので、夏休みの自由研究はここで済ませちゃう事もできますね!

ふれあいコーナー

@matsu___junがシェアした投稿


生きた昆虫などの生き物を触る体験ができます。季節によって触れ合える生き物は変わってきます。カブトムシの成虫・幼虫などの可愛らしい生き物もいれば、アオダイショウなどのちょっと怖いヘビなんかも触ることが出来ます!子供がキャーキャー騒ぐのが想像できますね。。笑

飼育室探検ツアー

普段は見ることができない、園内の裏側を見ることが出来る体験プログラムです。一般公開されていない飼育室には、なかなか見る機会がない幼虫やサナギなども見れます。

昆虫おもしろ講座

ぐんま昆虫の森の名誉延長、矢島名誉園長が昆虫の面白い話をしたり、子供たちの質問に直接答えてくれるコーナーです。園内を回って疑問に思ったことを園長にぶつけてみましょう!「昆虫博士」と対話できるのは、一生で一度きりかもしれませんね。

里山生活体験

namanekoさん(@namaneko)がシェアした投稿


広大なスペースの中には、昔のかやぶき民家が再現されたところもあり、昔の人の暮らしを見学することができます。そのお庭には、竹馬、竹ぼっくり、ビー玉、おはじきなどが置いてあり、自由に昔の遊びを体験することができます。

体験プログラムとしては、「養蚕体験」、「民家のくらし体験」、「昔あそび体験」、田畑や雑木林での「里山のくらし体験」などがあります。子供だけでなく大人も一緒に楽しめるのでオススメですよ。

ぐんま昆虫の森に行くときの注意点

  • 昆虫などの動植物の持ち帰りはできません。
  • 虫かごの持込はご遠慮ください。
  • ペットを連れてのご入園はご遠慮ください。
  • ゴミの持ち帰りにご協力ください。
  • 園内でのテント張り、バーベキューは禁止です。
  • 虫取りの妨げになるため、ボール遊びなどの道具を使用した遊びはご遠慮ください。

また、広い敷地を歩いて回るので、結構大変でした。しかしクイズ形式のスタンプラリーが開催されているので、スタンプのある場所や、答えを探しながら進んでくのは、大人も楽しめます。そのほかの注意点を見てみましょう。

ぐんま昆虫の森の入場料など

入場料は大人410円、高校生・大学生200円、中学生以下は無料です。群馬県の県有施設共通パスポートの対象施設なので、持っている場合は無料で入れます。

また、体験プログラムによっては別途料金が必要になりますので、公式HPで確認しましょう。

服装などについて

里山には様々な昆虫や生き物がいます。虫刺されなどの対策の為に、長袖・長ズボンで回ることをオススメします。また、靴は歩きやすいものを履きましょう。蚊などもいるので、虫刺され用の薬などを持って行った方がいいかもしれません。虫除けスプレーは出来るだけ使用しない方が良いと思われます。。笑

食事について

自動販売機や、軽食がとれるところもあります。しかし、敷地が広いのでお弁当・水筒などがあった方がいいと思います。

アクセス

車の場合

【東京方面から】北関東自動車道伊勢崎IC下車25分

【新潟方面から】関越自動車道赤城IC下車45分

駐車場は無料で300台まで!

電車の場合

東武鉄道赤城駅、上毛電鉄新里駅からタクシーで10分

まとめ

いかがでしたでしょうか。ぐんま昆虫の森には、未知の生き物があなたを待っています!子供も大人も一緒に持ち合わせている冒険心をくすぐってくれるような、そんなスポットです。

虫網、虫眼鏡などは、無料で借りることができますよー。

スポンサーリンク